03

ユリ柩
硝子泪
終末鋏
病石膏
炯炯緑
刹那門
街奇手
雪消師
双星児
円の祖
水の理
去る脳
潜在期
海の圖
狷介旗
砂糖屋
夜晩く
浮遊病
花や角
約束学


04

刺青活堂
燃星日和
繰る切片
鍋底の星
寒雷の丘
白線堂堂
小夜なら
死の王座
銀星と骨
忠誠の檻
忠義の牢
死への術
利己の雲
双頭の児
氷高の星
愛よ甦れ
学の門番
想起回る
かの三態
近海ヌメ
或る事象
寿と命星
褒め褒め
爪の営繕
逝く合図
陰影嘲罵
軽骨遊戯
五時に巌
刺も愛嬌
凪ぐ視線
庭の幻影
ミズノメ
旧き今宵
つむぎ星
天体切創
明日は闇
油煙の嘘
箱庭虚妄
栄光と炎
大志の蓄
二極の森
暗夜の焔
庇護願望


05

ファミリア
夏菊の廃園
青色の標本
安寧の悪魔
分岐千年前
融解の手本
湿原の春風
クリソコラ
成層圏より
あえかの死
めぐる白痕
なめる白露
しみ透る光
虚栄の弾丸
正方形宣言
慰めの呪い
夜毎見ぬ屑
寝首に接吻
甘えと猜疑
焼却の因果
漂白の閑雅
峭刻の惨禍
抗告の吟が
輪廻の先達
アイを暗誦
明星のアテ
空気と嗅覚
ほの暗い策
洩らす真名
醜いわたし
肉体の照応
隠蔽の拝火
風葬の狼煙
ほいしの子
誇れば水泡
歩行の演算
パーシャル
象牙の鈍足
冬首の肌か
霜に朽ちた
汚点の培養
うそぶく蔦
隠密の授業
晩霜者たち
背水を抱く
内なる肉声
破鏡その後
薹立つ名声
不死に高潔
天使の滞在
精髄ノート
夜息花徽章
眠れる呪術
先天性失恋
迷いも美学
栄華の夜に
和解の手管
おして純潔
紅散る失透
日陰の脈々
追懐者の柵
幸降る白銀
暮れの慈光


06

見えざる思慕
破滅パーティ
創のピリオド
最果ての体温
メノウと一撃
冬のアルベド
嘘びたしの光
寝台の不完全
水無月の思想
異能の鏡文字
曹達曇天の街
愛のみちびき
極夜のあした
星のさやけさ
床に月が動く
ナイトへロン
幽かに触れた
日曜日の愚者
祈りの詩と死
双璧の魔術師
虚言レポート
花冷えの幽か
エクリの定理
陽射しの嫌敵
さなぎの甲乙
冬のありかた
肉片への共感
勲章を棄てよ
我としてあれ
化石を孵化す
半成りの弁え
ポッケに暴力
適温な夜です
慈しみの対等
何も求めない
悪魔的よあけ
女王蜂の承認
堅忍アカイア
頬の上の神話
虹かかる家々
海面で分断図
花海とねむる
桂冠の大詩人
うせもの仮称
クローネたち
試作詩と銀糸
墓標に水やり
刺繍台のよる
雪山と六芒星
ミルクと反故
ローダの純正
ショウビスイ
ペイ・バニー
うなぞこに夏
甘たるい認知
ほだすは神聖
射止むは愛情
詩作のポエニ
知欲の三ツ門
真実のトーチ
好奇を燃して
寧静の庭先で
野の遺賢たち
白日を返す夢
みどりの企て


07

裁きの十二貴石
青海原のホロウ
あかつきのミナ
名前をよぶ契約
イニシャル透明
翼なき者の自由
近未来を横目に
孤独、水中廃都
復唱の手ほどき
おもかげ展示室
いつしかもやは
ひた向きな呪い
まぼろしの深淵
凍えたエレキ牆
ゆらゆら熱視線
心の臓の喪失感
あくる日の水滴
物語だった日々
ふわふわ不夜城
ユートピア日記
かけひきの対称
プリズムキラー
黄金比マイナス
潮風に錆びた指
長く待ちました
嫌ってくれるな
臨終の道すがら
マルマンの咆哮
かんたんの夢々
暗い森のダンス
マドラムの灯台
寒々光に憧れた
檸檬色した慟哭
在りとして辿る
不可視の焼き印
右手もシステム
さよならの眷属
饒舌ひっこぬき
こってり水槽学
ここにある細部
うつつのアアチ
不死の花たむけ
すべらかな異心
ネヴァンの毒光
羽根が揃わない
シャボンの構造
エフェメラル論
響動めきの繊維
触診はお嫌いか
生を惑わせない
ユニコーンの檻
しつけ針の符号
温かさとの決別
ゲッセマネの園
無垢だけを纏う
たむけの薔薇屑
カンゴオムの夜
地中の息づかい
七つのまたたき
純真のとりこよ
白くいられない
カレイドの絶景
クリカエスキス
シティ・トロル
花蔓が答えるは
ニイドの赤焼け
エガタキウララ
終始を輪にして
イート・サッド
因果のうつろい
高潔の鐘がなる
運と命の展開図
藪は浮遊でゆく
追憶は煙に巻く
隣接する愛たち


08

ゆくては果敢ない
初雪から終電まで
アイルファー0623
黙読の果てのキス
ルビーの縫い取り
天窓に寄せた裸足
オーロラを並べる
暗がりに海を望む
アンノウンの恋生
みなものコーラス
おもしになりたい
光芒をかける素足
ルミナス・セラフ
鼓動を分け与える
天空率をもとめよ
メリメリモモント
呪術的思考ゾンビ
偽たパルミュール
瓦解した繊細世界
アカシックの双生
ミストインリリコ
言う葉は異なれど
雄弁は罪でもある
細胞をすべて鏡に
流渡りに臆すなよ
失った喉がいたい
薄情者でいるには
おおぐらいの揮毫
夜に逝くなら本望
唇だけあればいい
悲しい子のぬりえ
まだらと注ぐ体温
方解に捧げる淡雪
きみの感触を隠す
はぐれガラスの涙
モーニングランプ
光れなくてもいい
やわらかい心の壁
化けるのが好きね
底抜けにたゆたふ
善い眼のモノクル
別れはきっと短い
午睡、白アネモネ
あなたと華になる
風中の消えない炎
愛の予感に救援を
満ちたあとのこと
好い唇にご褒美を
やさしきまるのみ
蝋にかためた花宴
空気の朗読と詩人
だって愛だからさ
また僕ら違う姿だ
緩火でいたぶって
星降る丘の非公開
慈雨と桜の隠し事
メルヒェンと洞察
こわれものの指で
かたくよりそう街
オディウムの枝葉


09

そばかすをつなぐ星
水面下、乾いた宝石
幾星霜の孤独を誇る
濃紺をかためた琥珀
街の輪郭をなぞる白
かえりみちの救済者
甘美なるいいわけを
能書きは白紙のまま
断面図はきっと醜い
虎の流ちょうな発音
俗色で間に合わせる
アーベント・ホール
アロア・フラクタル
燃える魔術と文学座
色めくは昨日ばかり
夜闇、湖に浮かぶ炎
花のアーチになるの
智慧者は河をわたる
嘆きの坂道はまるい
スーサイド・メイト
焼却炉を総べる天使
不治の病ぶって泣く
明日に連れていくよ
あなたのために有る
しょせん燃えつきる
しのべる人と光る君
埋葬の準備だけした
いつしか湖になった
けだるい愛の言葉ね
口から出て行かない
ぼくの灯台は元気か
曇りきつた舌の音に
非・二十四時の朝夜
川は流れる五十音で
善き冬のすごしかた
新しい春にうかれて
ひとりで涙を集めた
ポリフォニカノイズ
だから歌うのですか


10

眠る天使の体温で火傷
ヴァニラ、反転の宇宙
残り香だけを束にして
夏の裏山に目を落とす
祈ってもゆくえ知らず
好きだよと未熟な亡者
5月 コバルトの玄関
センチメートルの祈り
ぼくら以下だから幸福
つまらない呼吸だった
レンタルディストピア
なかったことの朗読劇
あなたが私に与えた死
喜びに盲目になってろ
木造校舎に鱗粉が降る
どろりと光る刃の二藍
意味をなす無地の球体
往路に削るメイの灯火
薄墨の手引きをしよう
四方の宇宙と万欲の光
スマトラトラの初対面
見えざる彷徨の宇宙粉
正鵠視すぎて嫌んなる
汚れるから白色がすき
ダンスがはかどるだろ
醜はお薬に混ぜようね
xx、本能が笑ってる
狂いそこねてしまった
聖典のおうたに喝采を
空巣は口をあけている
ビートニク・マンデー
日陰で育った花は黒い
永遠の春をまっていた
花畑にも終わりがある
フェイク・ファンシー
孤独に気づけずにゆく
贋作がうつくしく笑う
薬指を見つけなくては
幸福が目に見えていた
いつわりのみちしるべ

BACK